様々な治療を専門的に判断します

HOME > 診療内容

一般歯科

患者さん自身の将来を真剣に考える

当クリニックでは、虫歯にならない歯の健康管理を重視しています。虫歯になって治療をすることを繰り返すのは、患者さん自身の将来を真剣に考えると、やはりよいことではありません。欧米では、日常的となっている定期的な歯のケアをすることが大切です。食後や就寝前の歯磨きは重要ですが、それだけでは健康な歯を守りきれないのが現実です。日ごろの歯磨きだけでは、落としきれない汚れを専用の器具で落とすことで、虫歯のケアはもちろん、歯の色も今までとは違い、きれいになります。また、ご自身でのケアの仕方もセルフケアに役立つようアドバイスいたします。
当医院では、表面麻酔を施し、できるだけ痛くない麻酔と治療を心がけています。麻酔注射にはゆっくりと注入することができる注射器を使用し、患者さまの負担を軽減してます。


歯周病はどうしてなってしまうのでしょう?

歯垢(プラーク)の中にはたくさんのばい菌がいます。その歯垢が歯のつけねの歯肉につくと、中のばい菌の出す毒素の影響で歯肉が腫れたり痛くなったりします。また歯みがきをすると出血しやすくなります。それが歯周病のはじまりです。歯垢はお口の中で時間がたつと歯石になります。歯石は表面がザラザラしているので、歯石の上にはとくに歯垢がつきやすくなります。また部位的には下の前歯の裏側に歯石がつきやすいです。歯石が少しずつ歯の根っこに沿って下に進行していくと、歯と歯肉の間のすきまが深くなっていきます。これが歯周ポケットです。少しずつ歯の下に進行した歯石によって歯の根っこを支える骨(歯槽骨)が吸収されます。歯を支える骨が減ってしまうので、歯は少しずつ揺れてきます。歯を支える骨が吸収されるため歯肉がやせて歯の根っこがみえてきます。そのため歯がのびたようになり、しばしば冷たい飲み物で歯がしみてきたりします。また、歯垢や歯石は口臭の原因にもなります。歯垢や歯石はこのような悪影響をお口の中にもたらします。毎日の歯みがきがいちばん大切な歯周病の予防になります。

ページトップに戻る

小児歯科

当歯科クリニックに慣れることが大事

初めて歯科にかかるお子様は、歯医者さんが怖くて仕様がありません。まずは歯科医院に慣れることが大事です。歯医者嫌いにならないよう、だんだん慣れてもらってから治療に入るようにしています。お子様の歯は、溝が多く、虫歯になりやすく進行は大人と比べて早いのが特徴です。また、虫歯は感染するので周囲の方のご協力も必要となります。ご心配な方は、虫歯の治療が終了したら、シーラント(みぞを埋める予防)、フッ素塗布、プラークのそめ出しと歯ブラシ指導を行います。
どうぞお気軽にご相談下さい。

ページトップに戻る
予防歯科

定期的なケアが大切になります

予防歯科のプログラムはお子様にも適用します。小さいうちから早めにケアすることで、虫歯のない歯にしてあげることができますし、 定期的なケアをしていれば歯並びの良い状態で永久歯に移行させてあげられます。


ページトップに戻る
矯正治療

小児咬み合わせ治療

当クリニックでは、マウスピース型のトレーナーシステムを
いち早く導入しております。それがT4Kトレーナーです。

口腔筋の訓練をします。これにより歯と顎の位置の改善を行います。間違った舌位置や口呼吸、舌の突出しのような筋機能癖を放っておくと、正しい顔、顎の発育、正常な歯列の発達の妨げになってしまいます。
T4Kは永久歯に萌え変わる交換期(およそ6才〜12才)の子供の成長段階に装着し、正しい発育を促す有効な装置で装着することで歯並びが良くなります。


矯正治療T4Kイメージ

小児の受け口(反対咬合)治療「ムーシールド」

3歳から始めることができる受け口治療です

下の歯が上の歯より前に出ている受け口(反対咬口)は今まで3歳児検診で指摘されても、「永久歯になれば改善されることもありますので、しばらく様子をみましょう。」ということがよくありましたが、データによると3歳で受け口の場合、自然に治るのは6.4%(100人に6人)くらいしかいないことがわかりました。
つまり100人の受け口を指摘された3歳児のうち94人ほどは自然には治らないということなのです。そのため小児の反対咬合は特に早期の診断・早期の治療が必要です。
当院では、ムーシールドを使用し、受け口の早期改善をすすめております。

【ムーシールドとは?】

・就寝時に使用するマウスピース型の装置です。
・3歳から使用できる受け口治療装置です。
・効果は1年くらいで9割が改善するとされています。
・当院でも高い効果が得られております。


ページトップに戻る
ホワイトニング

オフィスホワイトニング

【概要】歯科医院で行うホワイトニング
【方法】高濃度の薬剤を歯に塗布し、特殊な光をあてて歯を白くします。
【メリット】短時間で歯を白くできる、自分でやる手間がない
【デメリット】色の戻りが早い


ホームホワイトニング

ご自宅で簡単にできるホームホワイトニングです

【概要】専用のマウストレーを使用して自宅で行うホワイトニング
【方法】歯科医院で作製した専用のマウスピースに低濃度の薬剤を塗り、それを歯に装着します。数時間の装着を何日か続け、徐々に歯を白くしていきます。
【メリット】自分の都合に合わせて行える、色が戻りにくい
【デメリット】効果が出るまでに時間がかかる


【ホワイトニングができない歯】

白く輝く理想の歯を手に入れることができるホワイトニング。ですが、すべての歯に効果が発揮されるわけではありません。また、施術を避けたほうがよい場合もあります。

●人工歯
虫歯治療跡の差し歯や入れ歯、インプラント治療で入れた人工歯などには、ホワイトニングは効きません。もしホワイトニングしたい歯の中に人工歯が混じっている場合、そこだけ白くなりません。

●虫歯の歯
虫歯に薬剤が付くと、虫歯を悪化させる危険性があります。虫歯が完治するまで、施術は避けたほうがよいでしょう。

●エナメル質や象牙質の未発達・形成不全
エナメル質や象牙質の厚さが足りない場合や、エナメル質や象牙質の形が原因で変色してしまった歯には効果がありません。

ページトップに戻る
オールセラミックス

「エンジェルクラウン」の特徴

白い透明感のある陶材「セラミックス」を使用したのが「オールセラミックスクラウン」です。オールセラミックスクラウンの中でも、エンジェルクラウンには、4つの特徴があります。


1. 見た目も噛み心地も、自然な仕上がり。

2. 今までになく手ごろな価格で、自然な白い歯へ。

3. 長年使っても安心。強度も十分です。

4. 体に優しいオールセラミックス素材。


エンジェルクラウンイメージ
ページトップに戻る