お口の情報

HOME > お口の情報

正しい歯の磨き方について

磨き方イメージ

ブラッシングの目的は、歯垢の除去と歯肉へのマッサージといわれています。今までよく行われていた磨き方というのは、くるくると円を描きながら磨いたり、上下に動かして磨く磨き方が多かったようですが、現在では、スクラッピング法やバス法などといった歯と歯ぐきの境目に歯ブラシの毛先をあてて横に小さく動かす磨き方が正しいといわれています。

◆すくラッピング法

1.歯ブラシの毛先を歯面に直角に当てます。

2.歯頸部(歯と歯ぐきの境目)のところまできちんと軽く当てます。

3.横に2〜3m程度の細かい運動で往復させる磨き方です。

◆バス法

1.歯ブラシの毛先を歯軸に対して45度にして歯と歯ぐきの溝に軽く挿入します。

2.横に数ミリメートルの範囲で微妙な振動を繰り返します。歯と歯ぐきの境目付近の清掃や歯肉の改善に効果が…

ページトップに戻る

歯は削るとダメって本当?

歯を削る時は、だいたいむし歯の治療のために削ります。削られた歯は丸裸の状態であり、一度削ってしまった歯は元に取り戻せないのです。しかも、削られた歯はむし歯をつくる酸に侵されやすくなります。そして、削った所にどんなにぴったりとあったかぶせものをかぶせたつもりでも数ナノミクロンというすき間があいてしまい、そのすき間からまたむし歯になることもあるのです。歯も手足と同じで1度削られてしまうとその歯は弱くなってしまうのです。

ページトップに戻る

口内炎ってなに!?

口内炎イメージ

残念ながら口内炎は現代医学の知識を集めても、定かな原因は解明されていません。ウィールスによる説、ビタミン欠乏症説など、色々ありますが、いずれにせよ体に変調をきたし、通常でない状態には間違えありませんので、疲れが出た証と思い、用心して下さい。普通は1週間程度で治癒しますが、長引くようなら難知性であったり口内炎以外である可能性もありますので、検診を受けて頂く事をお勧め致します。

ページトップに戻る

知覚過敏について

知覚過敏イメージ

知覚過敏の原因はいくつかありますが、寒い季節になると増加する傾向にあります。まず歯の周りに歯石等が付着していないかという事が考えられます。歯石等を取り除く事により、知覚過敏が軽減される事があります。そして次に噛み合わせが強く当たっていないかを調べます。強く噛み合っていると、知覚過敏のような痛みを感じる事があります。

ページトップに戻る

キシリトールのガムは虫歯にならないの!?

キシリトールはもともと北欧の白樺の幹から抽出された自然界に存在する甘味料ですが、ショ糖と異なり虫歯を作りません。欧米の虫歯予防先進国では、食後やおやつの後にキシリトールガムを食べるのが習慣です。但し、キシリトール100%含有の物にして下さい。

ページトップに戻る

生まれたばかりの赤ちゃんって口の中は無菌なの!?

赤ちゃんイメージ

生まれたての赤ちゃんの口の中は無菌です。
しかし、口移しでの離乳食等の摂取等が原因で、虫歯菌が移ってしまいます。

ページトップに戻る

差し歯に寿命はあるの!?

差し歯の寿命は基本的には10年くらいと考えて下さい。なぜなら殆どの歯は差し歯にする時に歯の神経を抜かれています。神経を抜くという事は、歯の栄養供給をしている血管も同時にとってしまうという事で、これが原因で歯が弱くなってしまいます。

ページトップに戻る